見どころインデックス


 文化・芸術の町である直島町によくマッチした斬新なデザインで、島の玄関口宮浦港に建設された海の駅「なおしま」。フェリーターミナルとしては、フェリー船体や利用客、車などが建物とより一体的で密接な関係となるように、敷地のほとんどを大きく軽やかな大屋根で覆っているのが特徴で、屋根の下には、観光案内所、カフェ、乗船券売り場、特産品販売店、バスターミナルが設置されています。
  フェリーやバスを待つ人、カフェでくつろぐ人、車でフェリーに乗る人、これから島の観光に向かう人など様々な人たちであふれる、いわば島のエントランスホールのような場所です。地域間交流促進の拠点として、観光振興のシンボルとして直島発展の象徴となるものと期待されます。

海の駅「なおしま」外観
自動車の入口/出口・送迎用駐車場・バス乗り場・トイレ等の
位置案内図
 
海の駅「なおしま」内観
買い物をする人たち


 「ベネッセアートサイト直島」とは香川県直島を舞台に展開されているアート活動の総称であり、直島の自然や地域の固有の文化の中に現代アートや建築を置くことによって、どこにもない特別な場所と経験を創造しようとする試みです。中核施設である「ベネッセハウス」は、安藤忠雄氏設計による宿泊施設を併設した現代美術館です。また、直島の古い家並みが残る本村地区では、古民家などを改修し、アーティストが家の空間そのものを作品化した「家プロジェクト」を公開しています。

ベネッセハウス・ミュージアム
家プロジェクト:角屋
Sea of Time '98(宮島達男)
ベネッセハウス・パーク棟
詳しい情報は ベネッセアートサイト直島



 島の南端、琴反地海岸線沿いにふるさと創生事業の一環として建てられた施設。13棟からなる「邑(むら)」を形成し、ふる里の豊かさと喜びを体感できるよう、町内外に広く開放。島の子供たちが島外の子供たちとともに集団生活を体験することもできます。また、施設的には直島町ゆかりの崇徳上皇と若山牧水の歌碑が建てられています。


【問い合わせ】 つつじ荘 087-892-2838
 
ベネッセハウスと同じく建築家・安藤忠雄氏が設計。建築そのものが芸術作品となっています。クロード・モネの「睡蓮」と、直島に長くかかわってきた現代を代表する美術作家ジェームズ・タレルとウォルター・デ・マリアの作品が永久設置されています。

詳しい情報は 地中美術館


 直島の恵まれた自然環境を活かし、水産業の振興、自然との健全なふれあいの中から豊かな人間づくりの場として、漁協をはじめ関係各位のご協力のもと「直島つり公園」が完成しました。
  釣りファンの方はもちろんのこと、ひろくファミリーにも手軽に楽しんでいただくよう設備を整えて、皆さんのご来園をお待ちしております。


【問い合わせ】 直島釣り公園 087-892-2891

 
 江戸時代、天領の地であった直島は、古くから芸能が盛んに行われていました。「直島女文楽」はその代表的なもので、八十八夜の鯛網の頃、網元が淡路島から文楽の一座を招致、琴弾地の浜で興行したことに端を発します。
  今のように人形の使い手が女性だけになったのは、昭和23年になってから。一度は下火になりかけていた文楽熱を女性3人の手により再興されました。
  現在、町内や県外公演など積極的な活動を行っているほか、来島者の方にも公演を実施しています。


【問い合わせ】 直島町教育委員会 087-892-2882


世界中に多数のファンがいる007の小説「赤い刺青の男」に直島が実名で登場することを記念し、映画化実現へのムーブメントとして、町内ボランティア有志が町内外の協力を得て造り上げた007関連資料展示スペース。
【開館時間】9:00〜17:00
【料金】入場無料
【閉館】年末年始
【問い合わせ】 直島町観光協会 087-892-2299
詳しい情報は 007 Location Promotion Committee



 直島町では、21世紀において、島の活力と発展を維持していくため、これまで町が培った特色を活用して新たな産業を創出し、町の活性化を図ろうとしています。エコアイランドなおしまプランは、この課題を克服するため、現在処理が課題となっている廃棄物について新たなリサイクルシステムを構築する環境産業を育成し、雇用を創出するとともに、住民主体の環境調和型まちづくりや積極的に見学者の受け入れ、循環型社会のモデル地域を形成するものです。
【見学申込み】 要事前予約(定員40名ですが、見学時間に限りがあるため、先約が無いか必ず申込前にお問い合わせください)。見学申込書は下記エコツアーの申込みの手引きからダウンロードできます。
【問い合わせ・予約】 直島町観光協会 087-892-2299
香川県直島環境センター
有価金属リサイクル施設/溶融飛灰再資源化施設
詳しい情報は エコアイランドなおしまプラン
  エコツアーの申込みの手引き



直島を代表する企業、三菱マテリアル(株)直島製錬所。ここでは、銅をはじめ金や銀などが生産されており、その量は国内トップクラスを誇ります。PLANTツアーではその主要な工場施設を見学することができます。
【見学申込み】 要事前予約
(定員10名ですが、見学時間に限りがあるため、先約が無いか、また、工場メンテナンスのために見学不可の日に当たらないかなど、必ず事前にお問い合わせください)
見学申込書は下記PLANTツアー申込みの手引きからダウンロードできます。
【問い合わせ・予約】 直島町観光協会 087-892-2299
詳しい情報は PLANTツアー申込みの手引き



 香川県直島環境センターでは、豊島産業廃棄物などの焼却・溶融処理の過程でスラグができます。スラグは路盤材やコンクリート骨材としてリサイクル利用される物質ですが、ガラス質をしていて粘土に混ぜて焼き物にすると焼き上がりがよくなります。
  直島では、このスラグを混ぜた粘土で器やアクセサリー作りが楽しめる陶芸体験工房を整備しました。
【開館時間】13:00〜17:00(最終受付/できるだけ15時までにお入りください)
【料金・所要時間の目安】
(1)土ひねりコース 粘土1kg1,500円(約2時間)
(2)絵付けコース 工房スタッフが用意した陶板などに絵具で色付けをしていただきますが、1個につき500円〜(平板)、800円〜(立体の置物など)(約1時間)
【閉館】月曜、お盆、年末年始
【問い合わせ】 直島町観光協会 087-892-2299
【備考】作品は、後日仕上がってから着払いでお送りします。納期は、お預かりした作品の数によって変動しますが、平均2週間〜が目安です(預かり件数が少なければ早くなったり、大量にあれば更に期間を要したりします)。夏休みの課題にする場合など、新学期の提出日に間に合わないといけませんのでお盆前のご利用をお勧めします。